今の時点で言われている、アフィリエイト記事の基本文字数は、概ね3,000文字です。

ただ、これは「少なくとも」3,000文字、という話であって、出来れば5,000文字ほどあった方が良いのは言うまでもありません。

 

ただしかし、5,000文字、と一言で言ってしまえば何だか印象だけで片付く話ですが、1つのテーマに沿って5,000文字クラスの記事を書く、となると、かなり準備も必要になってきます。冒頭・中身・ビュレット部分・締め、と、概ねこんな構成にしてもなかなか5,000文字まで到達できません。それ位、5,000文字というのは「大きな山」なのです。

 

実際、私がこのブログで記事として書いている記事も、大体が3,500文字程度のもので、5,000文字クラスとなると「単に書き連ねる」だけでは不可能になります。ある程度しっかり計画・立案をして、記事の外枠をしっかり作った上で書かなければ、記事として破綻をしてしまう。それが5,000文字という『大きさ』です。特に、記事書き素人レベル、と自称される方がいきなり5,000文字クラスに挑むのは全く無謀です。ある程度記事が書ける、しかもコンスタントに(無計画からでも)3,000文字が埋められるくらいにならないと、5,000文字クラスの記事には手を出すべきではありません。

5,000文字のSEO効果

文字数が多ければSEO効果が高い、という時代は既に終わっていますが、それでも3,000文字と5,000文字とを比べると、やはり5,000文字の方が上位表示しやすいのは間違いないようです。これはロングテールも含めて多様なキーワードを記事に含める事が出来、かつ(これは書き方次第ですが)ユーザー離脱率が低い有益な記事になる可能性が高い、という点でもって、5,000文字という巨大コンテンツの方が役立つ、という「Googleの判断」もあるのかなと思います。全く無価値な5,000文字(機械生成など)では、当然SEO効果は期待出来ません。

 

さて、ではどういった内容で5,000文字を埋めていけばSEO効果が得られるでしょうか。

これについては、定説と呼べるものは無いのですが、ある程度経験則からお話しさせて頂くと、「1つのテーマにしっかり絞り込みを掛けた5,000文字」の1記事が、SEO効果が高いと思います。

 

たとえ5,000文字を超える大規模記事と言っても、1つの記事でテーマが二転三転する様では、SEO効果は期待出来ません。Googleとしても「そのページの主題は何だ?」という話になってしまいますので、考えてみれば当然かと思います。SEO効果だけでなく、ページを実際に読んで下さる訪問者の方の立場に立って考えてみても、やはり1つの記事は1つのテーマでしっかり限定されている事が望ましいです。複数のテーマについて書きたければ、別の記事として書くべきです。

 

5,000文字を書くに当たって、特にSEO効果を狙って書く場合には、まず大事になるのはキーワードです。メインキーワードをふんだんに入れていく、というのは当然のことですが、これもあまりクドくやり過ぎると(スパム判定まではされないとも言われますが)読んでいてクドくて読みづらく、ページ離脱を招きます。これは長期的に考えてSEO効果を削る方向へと働きます。

メインキーワードだけを、単語として意識してしまうと、SEO効果を得るには不十分です。今のGoogleは、キーワードから「共起語」というものを認識してきます。要するに、似たような意味の言葉があれば、それもキーワードだろう、と判断してくれる、という事です。以前というか昔であれば、メインキーワードとロングテールキーワードとは別物として考え、それぞれに充実させる方向性で記事を書いた方が、それぞれに入口が広がって売上の最大化も出来ましたが、今では寧ろ、1つの記事は1つのテーマとしてしまって、その中で共起語を意識して書いていき、その共起語でもってロングテールキーワードも拾っていく方が、効率が良いというものです。

 

ですから、5,000文字の記事を書くのであれば、まずメインキーワードをしっかり意識した後に、共起語キーワードを多数意識して書いていく。当然記事内に共起語がたくさん入ってくる状態、というのが望ましい訳です。

またこの「共起語」を使って記事を書いていると、記事自体に広がりを持たせる事が出来、結果として5,000文字という大規模な記事でも「書きやすい」という良い効果もあります。メインキーワードだけを押していく方法だと、5,000文字を埋めるのは至難の業ですが、共起語を複数意識して書いていくと、共起語から関連する語、みたいな広がりがどんどん出てくるので、それによって5,000文字達成もそれ程難しく無く出来るようになります。

 

なお、5,000文字程度が必要になってくるのは、一般的に言う「サイトアフィリ」の手法を取る場合、です。アドセンスなどで、単発のアクセスを集めたいと思っているのであれば、寧ろごった煮ブログであればあるほど、長い記事は「読まれづらい」のでお勧めしません。SEO効果という面でも、1,500文字程度あればごった煮アドセンス情報ブログでは上位表示も出来ますので、無駄に5,000文字も記事を書く時間があるのであれば、1,500文字の記事を3本書いた方が余程効率的と言うものです。

 

因みに、サイトアフィリは死んだ、とか言われて久しいですが、これは競合するライバルがどんどん本気出してきた、という所から言われている事です。個人でサイトアフィリで稼げていた時代は終わり、法人が社員を働かせてサイトをバンバン作る時代になってきているのは事実で、それ故に昔よりはサイトアフィリは難しくなっている、というのもまた事実です。けれどこれは、あくまで「高単価のレッドオーシャン」を狙った場合の話です。例えばジャンルを挙げると、ウォーターサーバーだとかクレジットカードだとかローンカードだとか。そういうレッドオーシャンは、元から個人は狙うなよ、というのが「ごく当たり前の話」なのであって、今更レッドオーシャンだからもう稼げない、という話ではないのです。元々個人が参戦するべきジャンルではないのです。

 

個人サイトアフィリエイターは、例えば悩み系情報商材をオファーしてみるとか、オプトインアフィリエイトをやってみるとか(期限の制限が無いオプトインもありますので)、個人に適した稼ぎ方をすれば、それなりに稼げるのです。個人が、社員多数の法人と戦おうとするから消耗するのであって、法人が参加してこない「穏やかな海」で戦いを繰り広げるのであれば、それ程厳しい戦いにはなりません。この辺り、ある程度古参と呼ばれるような方でも時に混同して発言される事もあるので、ちょっと注意が必要です。個人には、個人なりの戦い方があるのです。

 

おすすめの記事