アフィリエイトをしていく、というのに当たって、どうしても考えるのが「時給」だったりするよしざきです。

アフィリエイトは、軌道に載ってくれれば凄まじい時給換算の対価になります。けれど、最初のうちは全く収益がありません。

 

ただこれって、普通の業態でも一緒なんですよね。パン屋さんにしろ、工場にしろ。

パン屋さんなんかでも、新規開店だとまず「リース代」だったり「借財」を返済するところからスタートします。一見利益が出ている様に見えても、それは全て借財系ベースの返済が最優先です。

何せ、パン屋さんでオーブンを取られてしまったら、もうパン屋さん出来ないんです。だから、まずはリース代になるであろうパン焼き器の返済が先に来ます。

 

もちろん、従業員給与とかは払います。払えなければそこで事業はおしまいです。

けれど、店長というか経営者に残る利益は、基本的にわずかです。その辺り、中小企業なんですよね、パン屋さんも。

アフィリエイトも中小企業です。

そこで考えてみると、アフィリエイトというのはかなり優秀な中小企業です。何せ、利益が上がればほぼ丸々純利益なんですから。

もちろんサーバー代とか独自ドメインの料金とかは掛かります。これは経費として掛かりますが、それもパン焼き器のリース代と比べればごく僅かな話。

要するに、資金効率が良いんですよね、アフィリエイトって。だから、儲かる人は底なしに儲かるんです。

 

けれど、今の統計だと92.2%の人が「万単位」の利益を得られずにアフィリエイトから撤退している、という情報があったりします。

これは実に勿体ない事です。アフィリエイトという業態自体は、万単位を十分に満たせるだけの利益化が可能な業態でありながら、それを活かせずに終わってしまう。

ある意味での二極化が起こっている、という事も出来ます。典型的なのは、情報商材販売者は儲かって、アフィリエイターは儲からない、という構図です。

でもこれって、結局努力の差なんですよね。どれだけしっかりアフィリエイト出来るか。だって、販売者が儲かるためには、アフィリエイターを活用しなければどうしようも無いんですから、本来アフィリエイターも儲かっているはずなんです。

 

そこに、アフィリエイターの二極化が生じます。出来る人は、自分のメルマガのリストにオファーを流すだけで売れてしまう。

けれど、そうでないサイトアフィリエイターさんだとかブログアフィリエイターさんは、一歩出遅れてしまって、利益を逃す。非常に勿体ないです。

ブログアフィリエイトにはブログアフィリエイトの、稼ぎ方というのがあります。これを無視してメルマガアフィリと同じ構図を取ろうとすると、必ず失敗します。

 

サイトアフィリも同様です。サイトアフィリだと、どうしてもサイト構築に時間が掛かりますから、出来るだけゆっくりアフィリ出来る教材を選ぶべきなんです。

けれど、どうしても皆さん、Unlimited Affiliateとかそういうレッドオーシャンに突っ込んで行ってしまう。これでは誰も儲かりません。

 

売るべき商材というのは、結局自分で見つけないと意味がありません。どういう点が売り込めるか、どういうデメリットがあるのか。そういう見通しが立ちませんから。

今では「購入者限定アフィリエイト」が一般的になっていますが、それもそのはずです。購入者で無ければ商材の内容を知る由も無い訳ですから、販売者としては購入者に限ってアフィリして欲しいわけです。真実を知ってるのは購入者ですから。

 

中小企業の立ち回り、という言い方をすれば、まずそんなにデカい投資をしないことです。

例えばサーバーレンタルをするのでも、いきなり高機能サーバーをレンタルするのではなく、まずエックスサーバーの様な一般的なサーバーで済ます。

個人的には、エックスサーバーはお気に入りです。何故って、大体の事が出来るからです。cronも動かせますし、動作も機敏です。

PPCとかの教材もありますが、個人的には「最初の一手としては……」とちょっと疑問視しています。PPC以外とむずかしいですから。

 

中小企業としてアフィリエイトを捉えれば、自ずと出来る事・やりたいことは限られてきます。逆に言えば、限られるからこそ集中が出来るのです。

アフィリエイターとして大成するまでの道のり

基本的に、まずアフィリエイターとして大きく稼ぎたいのであれば、メインブログを立ち上げてそこからリストを取って、そのリストにステップメールを仕掛けて教育をしてその後オファー、そして追加オファーも掛けて稼ぐ、というのが定番になっています。

 

大体の「大御所」はこのシステムですね。ステップメールとメルマガを上手く組み合わせいる。

けれど、これが出来るのはある程度『オファー力』が付いた人に限られます。オファーする力が無いうちからステップメール組んでも上手くは行きません。

 

それで基本的には、リスト取りと並行しつつブログアフィリエイトを展開する訳です。ブログで人気を獲得しつつ、その上でリストを取っていく。

リストも、10や100ではまだどうしようもありません。せめて500は欲しいところです。近頃では、無料レポートスタンドで取得したリストの取り込みを禁止しているメルマガ配信スタンドもありますから、今では専らブログからのリスト取得になりますね。

もちろんそこにPPCを絡める、というのは一つの手段かとは思います。ただ、やはり『オファー力』が無いと、せっかく獲得したリストもみすみす利益化できず終わります。

 

『オファー力』は、ある程度はコピーライティングの技術がベースになります。コピーも学ばないといけないんです、アフィリエイターは。

ですから、学ぶ事は多岐に渡ります。けれど、そのどれか1ピースが欠けても、アフィリエイトで稼ぐ、というのは成功しません。

 

巷には、「○○無しで100万!」とか喧伝しているものは数ありますが、実際にそれらを検証すると、絶対無理な工程が挟まれていたりします。

例えば、1日3記事投稿してそれを1年続けましょう、というようなものです。実際にGoogleに対応出来る文字数である1,500~2,000文字の記事を3記事、日刊で更新していくのは「事実上不可能」です。

 

だからこそ、地道にアフィリエイトを「学ぶ」。まずそれが第1になってくる訳です。

 

ただ、ステップの様なものはあります。例えば既に先例を出していますが、ブログアフィリエイトからメルマガアフィリへのステップアップなどはそれです。

これらは、無理が無い範囲で行っていけば、応用が利くので商圏を広げる事が出来ます。ブログで何を書くか、という辺りで分かれ目が出来ます。

メルマガアフィリの土壌に引っ張ってくれば、後はこちらの主導権です。もちろん最初リストの数が小さいうちは成果たる成果はありませんが、次第にリストが集まるに従い、パワーも出てきます。

 

基本的に私は、ブログアフィリエイトからステップメールでのアフィリエイト、またはサイトアフィリエイトを専門にしているので、PPCの系統とかは分かりません。

けれど、どうも聞く限りだと、PPCも結構荒れ模様のようです。素人が簡単に入って太刀打ち出来る世界ではない「らしい」です。

 

いずれにしても、このブログはそのうちメルマガを発行します。それで、良い商材をあなたにオファーします。

買う・買わないはあなたの自由です。ただ同様に、売る・売らないもまた、私の自由裁量です。

どんな商材をオファーするか、是非楽しみにしていて下さい。

 

おすすめの記事